読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩分!!

一食あたりで摂っていい塩分と言うのは決まっているんですよ。ご存知でしたか?一食あたりのとっていい塩分と言うのは約2.5グラム以下なんですって! 2.5グラム以下の塩分で済ませると言うと実際にどのぐらいの塩分になるかと言うと、小さじ半分くらいなんです。例えば食パンには0.8グラムの塩分が含まれています。これは1番最初に小麦粉の記事を練るために塩分が必要なため、普通に何も味付けをしなくてもこのぐらいの塩分が含まれています。またそうめん1束あたり約0.5グラムの塩分が含まれています。こうやって考えると、炭水化物を押しではありますけど、それほど多くない量で塩分はあっという間に一食渡とっていい塩分の約半分ぐらいは閉められてしまうことになります。また、仲間と一緒においしい料理を食べに行ったり飲み会でお酒をたくさん飲んだりするとアルコールと塩分は自然的に取り過ぎになってしまいやすいんです。お酒は飲んだ分だけ分解するために水分が必要になりますからこれも体の中に水分が溜まりすぎてしまう原因になります。また外食の美味しい料理というのは大体塩分が入りすぎです。例えば行列ができる美味しいラーメン屋さんのスープには約4グラムから5グラムの塩分が含まれていると言われています。